PR

ライフ ライフ

首相記者会見全文(8)「学校再開、専門家の判断仰ぐ」

 --さまざまな要請が行われたが、今までそれに伴う損失に対する補償や助成の話がほとんどなかった。文化・スポーツなどのイベント自粛は長引いている。必ず補償や助成をする方針を示すことはできないか。現金給付を行うという話があったが、要請に応えたところは必ず補償すると決めることはできないか

 「今あったご質問については、政府内でも随分協議をしてまいりました。それは当初からですね、あの要請する段階から、話をしてきたところでありますし、また実際にそういう状況の中でイベントが中止になり、収入がまさにマイナスになってしまったっていう方からもお話を伺ったところであります。

 文化・芸術・スポーツ、冒頭の会見でも申し上げたようにですね、大変重要であるというふうに思っておりますし、この火が消えてしまってはですね、もう一度それを復活させるのは大変だということも、私も重々承知をしております。

 ただ、そのいわば損失を補填(ほてん)する形でですね、この税金でその補償するということはなかなか難しいのでありますが、では、そうではない補償の仕方がないかということを今考えているところでございます。

 そこでですね、先ほど申し上げましたように、まさに今、キャッシュフロー自体に大変な困難を抱えた方々に対する支援としては、冒頭申し上げましたが、無利子・無担保で5年間据え置きの融資というものもあるんですが、やっぱりまた借りても大変だというお話も伺っています。ですからそういう方々に対する給付金についてもですね、考えていきたいというふうに考えています」

=(9)に続く

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ