PR

ライフ ライフ

チューブ挿入ミスで3歳未満男児が死亡 兵庫県立こども病院

 兵庫県立こども病院(神戸市)は27日、先天的に気管が狭い3歳未満の男児への気道確保の手術でミスがあったと発表した。男児は術後にほぼ脳死状態となり、死亡した。同病院は調査委員会を設け、原因を究明する。

 同病院によると、男児は気管のほか心臓に先天的な疾患があった。入院後の2月3日に鼻からチューブを挿入し、気道を確保する手術を行った際、本来は気管支の両肺への分岐点でチューブを止めなければならないのに、左肺まで送り込んでしまったという。

 男児は呼吸困難となり、血圧低下と酸欠状態に。同10日には脳死に近い状態に陥り、今月17日に死亡した。手術は小児外科医と麻酔医各2人が中心に行った。

 同病院の中尾秀人院長は「手術中、チューブが片肺に入ったのは気づいたが、修正できなかった。重大な事故で何らかの医療過誤があったのは確か。責任を感じている」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ