PR

ライフ ライフ

外出自粛の運動不足にオリジナル体操 宇都宮市、ネットで紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて各地で外出・移動などの自粛が広がる中、宇都宮市保健所は、運動不足になりがちな人に向けて、自宅でできるオリジナル運動をインターネットなどで紹介している。福田富一知事が週末の東京への移動自粛を県民に呼びかけるなど外出の楽しみが減っている昨今、自宅でのちょっとした息抜きになりそうだ。(松沢真美)

■3種類、各30分

 紹介しているのは市民の運動習慣の定着を目指し、平成27年に発案された市オリジナル運動「気軽にエンジョイMiya(ミヤ)運動」。有酸素運動、ストレッチ、筋トレ編の3種類でそれぞれ約30分にまとめてある。高齢者に多いロコモティブシンドローム(運動器症候群)やメタボリックシンドロームの予防にも取り組める内容になっている。

 これまでも市のホームページや食育フェアで紹介してきたほか、健康づくり推進員を養成し、各地区で実施している。新型コロナウイルスの影響で外出を控える動きが広がる中、もう一度オリジナル体操を見直してもらおうと、改めて3月初旬から周知。市ホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開しているほか、DVDの貸し出しも行っている。

 市保健所健康増進課では「器具を使わず誰でも簡単にできる運動なので、体調や自分に合ったメニューを選んで行ってみて」と話している。問い合わせは同課(028・626・1126)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ