PR

ライフ ライフ

えちごトキめき鉄道 開業5周年 魅力再発見の旅

列車の乗客に駅弁を立ち売りする下井道夫さん(左)=新潟県上越市の直江津駅
列車の乗客に駅弁を立ち売りする下井道夫さん(左)=新潟県上越市の直江津駅
その他の写真を見る(1/3枚)

 新潟県などが出資する第三セクター「えちごトキめき鉄道」(トキ鉄、同県上越市)が今月、開業5周年を迎えた。車窓から日本海や妙高山の絶景を望むトキ鉄は、沿線住民の足であるとともに、全国から鉄道ファンや旅行者が訪れる観光路線となっている。節目の年、地域活性を担うトキ鉄に乗車し、魅力に触れた。

(安村文洋)

■希少な立ち売り駅弁

 トキ鉄は北陸新幹線の延伸開業に伴いJRから経営分離された並行在来線を引き継ぎ平成27年に開業。旧JR北陸線市振-直江津間を「日本海ひすいライン」、信越線直江津-妙高高原間を「妙高はねうまライン」として運行している。

 両ラインを結ぶ直江津駅のホームでは、希少な駅弁の立ち売りが見られる。同駅の駅弁といえば、JR東日本管内の駅弁頂点を決める「駅弁味の陣」で最高賞「駅弁大将軍」に選ばれたホテルハイマート(上越市)の「鱈(たら)めし」「さけめし」が有名だ。

 立ち売り歴20年の同社弁当部、下井道夫さん(72)は列車が到着すると駅弁入りの木箱を首からつり下げ、威勢よく乗客を呼び込む。「駅弁の立ち売りは今や全国で3人まで減り、本州では私1人になってしまった」と下井さん。

 同社の前身は明治時代創業の旅館山崎屋支店。駅弁の販売、製造を始めたのは明治34年で、120年近い歴史がある。継続には採算性の課題など苦労も多いというが、地域鉄道とともに観光振興に寄与しようという沿線企業の心意気が伝わってきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ