PR

ライフ ライフ

新型コロナ 栃木県、4人新たに感染

 栃木県は25日、新型コロナウイルス感染者が新たに4人判明したと発表した。いずれもすでに感染がわかっている患者との接点や関連が疑われ、行動歴などを詳しく調べている。4人の症状は重くない。同県での感染者は計10人となった。

 4人のうち、県南健康福祉センター管内の40代男性は22日に発熱が起きた。その後、今月13日に会食した県外の知人がPCR検査で陽性となったことを知らされ、25日に検査を受けた。

 安足健康福祉センター管内の60代女性は、24日に陽性と確認された70代男性患者の妻。17日に発症した。この夫婦宅では、今月8~10日に泊めた県外の親族が発熱していたといい、調査が行われている。

 県西保健福祉センター管内では、50代夫婦の感染がわかった。妻は20日にのどの痛みなどが生じ、夫は22日に発熱した。そのため妻から夫への感染が疑われる一方、夫は安足管内の70代男性患者の同僚で、今月13日は同時に勤務していた。

 この夫婦の感染の経緯を明らかにするため、県は夫の勤務先や妻の行動歴を詳しく調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ