PR

ライフ ライフ

【脳を知る】頭痛薬の飲み過ぎは危険「薬物乱用頭痛」 

 治療は鎮痛薬内服の中止ですが、それにより頭痛の悪化が起こることもあります。その場合は徐々に鎮痛薬を減量していきます。1カ月程度は鎮痛薬の減量により頭痛が生じ鎮痛薬を内服したくなりますが、最終的に大多数の患者さんは頭痛が軽快します。それ以降は、鎮痛薬を適切に使用して元々の頭痛をコントロールしていきます。

 多忙、ストレス、睡眠不足、運動不足などが原因である緊張型頭痛の患者さんは、十分な睡眠、適度な運動、不安やストレスの除去、気分転換の時間を持つなど生活背景の見直しも大切です。

 頭痛の患者さんに鎮痛薬は有効であることが多いですが、漫然と内服を続けるのは危険です。頭痛持ちの人が医師にかかることなく、「頭痛が起きたら鎮痛薬」というように自己判断で鎮痛薬を使用し続けるうちに、さらに頭痛を慢性化させる恐れがあります。

 頭痛は辛く苦しいものですが、薬物乱用頭痛にならないように鎮痛剤を飲む回数を多くても1カ月に10回程度までに適切にコントロールすることが重要です。「頭痛日記」をつけたりして内服状況を確認し、規則正しい生活を行うのも良いでしょう。 (和歌山・公立那賀病院副院長 脳神経外科 藤田浩二)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ