PR

ライフ ライフ

米からの帰国者ら3人感染 関西出張も 川崎市 新型コロナ

 川崎市は25日、新型コロナウイルスについて、米国からの帰国者1人を含む計3人の感染を新たに確認したと発表した。

 市によると、感染が判明したのは、同市宮前区に住む20代の男女と、同市麻生区に住む50代男性。

 20代男性は20日に留学先の米ニューヨーク州から帰国し、20代女性と同居。男性が21日にのどや関節の痛み、せきなどの症状が現れ、女性は23日に頭痛や倦怠(けんたい)感を覚えた。いずれもPCR検査の結果、25日に陽性が判明した。市は、男性が米国滞在中に感染し、女性に感染したとみている。

 50代男性は、東京都内に勤務する会社員。13日に発熱し、25日に陽性が判明した。発熱した13日に出勤したほか、17、18の両日は京都・大阪方面に出張したという。市は男性の行動歴や濃厚接触者、感染の広がりがないかなどを詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ