PR

ライフ ライフ

失敗あるある→笑顔になるなる 大阪・梅田でイラスト展

 携帯電話を便器に落としたり、チューブを間違えてワサビで歯磨きしたり…。そんな失敗談をイラストで紹介した展示会「失敗展 in 大阪梅田」が、大阪市北区のコワーキングスペース「ONthe UMEDA(オンザウメダ)」で開催されている。身近でありがちな失敗のオンパレードとあって、「ある、ある」と来場者の共感を呼んでいる。31日まで。

カラフルなイラストによる失敗展を開いた遠藤百笑さん=大阪市北区
カラフルなイラストによる失敗展を開いた遠藤百笑さん=大阪市北区
その他の写真を見る(1/2枚)

 企画したのは、「NPO法人Co.to.hana(コトハナ)」(大阪市住之江区)のデザイナー、遠藤百笑(ももえ)さん(23)。「人生に失敗は付きもの。それを否定しないで許容し合える環境を整えられないか」と、東北芸術工科大(山形県)在学中に考え、卒業制作として「失敗展」プロジェクトを立ち上げた。

 インターネットで失敗体験を募り、それをイラストに描き起こして展示。この「失敗展」が反響を呼び、福島や宮城、東京などから声がかかった。卒業後も全国各地からの要請に応え、巡回展を続けている。

展示されている失敗談のイラスト
展示されている失敗談のイラスト
その他の写真を見る(2/2枚)

 今回の開催は、卒業制作から数えて実に16回目。3千人以上から集めた失敗談を基に描いたイラストのうち72枚を展示した。ポケットにティッシュを入れたまま洗濯した▽服にタグを付けたまま外出した-などの“あるあるエピソード”がポップなデザインで表現され、ギャラリーの壁面いっぱいに展示されている。

 遠藤さんは「失敗というとネガティブなイメージですが、本当に笑える失敗が多いのでぜひ見にきてほしい」と話している。

 午前7時~午後10時。無料。問い合わせはオンザウメダ(06・4397・3135)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ