PR

ライフ ライフ

サッカーのドイツLが中断延長 少なくとも4月末まで

 サッカーのドイツ・リーグは24日、深刻化する新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月2日までとしていた中断期間を少なくとも4月30日まで延長する方針を固めた。今月31日の会合で正式決定する見通し。

 同国1部では大迫勇也(ブレーメン)、長谷部誠、鎌田大地(ともにアイントラハト・フランクフルト)、同2部では原口元気(ハノーバー)、遠藤航(シュツットガルト)、宮市亮(ザンクトパウリ)がプレーしている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ