PR

ライフ ライフ

就活不安が急拡大 「厳しくなる」 来春入社組の回答が前年の2倍超に 新型コロナが影響 マイナビ調べ

就活イベントに向かう就活生=大阪市北区(渡辺恭晃撮影)
就活イベントに向かう就活生=大阪市北区(渡辺恭晃撮影)

 就活情報提供のマイナビ(東京)が24日発表した来年春卒業・就職の学生への活動状況調査で、今春入社組の就活よりも「厳しくなる」と回答した学生の比率が全体の63・2%となり、前年同時期の25・8%から倍増した。新型コロナウイルスの感染拡大が大きな要因となっている。

 調査は2月25日から29日までインターネットで行った。有効回答は2678人。「かなり厳しくなる」が20・2%(前年4・1%)、「多少厳しくなる」が43%(21・7%)だった。

 理由については、3月からの企業の説明会が中止になっていることなどから「企業によって就活のスケジュールが大きく違いそうだから」が42・9%、「景気が悪くなるから」が35・5%、「その他」は51・4%。厳しくなると回答した学生のうち、理由についてその他を選んだ学生の記載では、新型コロナ感染拡大の影響に関する内容がほぼ9割を占めているという。

 担当者によれば、3月も調査を実施するが、「(感染拡大に伴う)消費低迷など、景気悪化の懸念が強まっているため、就活が前年より厳しくなるとの回答は2月時点よりも増える可能性が極めて高い」という。すでに一部で今春入社の学生の内定取り消しなども出ており、学生の警戒感は強まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ