PR

ライフ ライフ

《新型コロナQ&A(4)》家族の感染が疑われたら?

前のニュース

その他の写真を見る(1/3枚)

Q 家族の感染が疑われたら?

A 看病は1人で。できれば部屋を分ける

 日本環境感染学会などによると、看病する人は1人に限り、患者とほかの家族はできる限り部屋を分けることが望ましい。分けられない場合は、仕切りなどを置いて、寝るときには枕の位置を互い違いに並べて患者の顔から距離を取るように心がける。エアコンなどの空調や換気扇を回すほか、窓を開けて換気を心がけるとよい。

 家族はこまめにうがいや手洗い、アルコール消毒をする。患者も家族もマスクを着用し、使用したマスクは持ち出さない。マスクを外すときはゴムの部分をつまんで外し、表面に触らずに捨てて、外した後は必ずせっけんで手を洗う。マスクが手に入らないときなどには、せきやくしゃみをするときにティッシュなどで口と鼻を覆う。

 タオルや食器は患者と共用しない。ただ、洗濯や食器洗いを別にする必要はない。トイレの取っ手などは薄めた漂白剤で拭いた後に水拭きするか、アルコールで拭くこと。患者の汚れた衣服やシーツなどは手袋とマスクをした上で、家庭用洗剤で洗濯して完全に乾かす。

 はなをかんだティッシュペーパーなどはすぐにポリ袋に入れて、口を縛るなど密閉して捨て、手洗いをする。

Q 自分で感染を防ぐには?

A こまめな手洗いや健康的な生活を

 手洗いやアルコール消毒が有効とされている。混雑した場所を避けることや、日頃の健康管理も大切だ。

 厚生労働省などによると、手を洗う際は、まず、流水で手をよくぬらす。そして、せっけんで指先・爪の間▽指の間▽親指▽手首-などもしっかりと洗って十分に流し、清潔なタオルやペーパータオルで拭いて乾かす。

 米疾病対策センター(CDC)は手洗いには20秒以上かけた方がよいとしていて、目安について、「ハッピーバースデートゥーユー」の歌を2回歌うくらいの長さと説明している。

 手を洗うタイミングは、多くの人が触るドアノブやつり革を触った後などで、帰宅時や調理の前後、食事前などに、なるべくこまめに行いたい。

 くしゃみやせきが出るときは、マスクを正しく着用するほか、ハンカチや、とっさのときには上着の袖などで口や鼻を覆う「せきエチケット」を実践する。

 日頃の健康管理としては、政府は十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけて免疫力を高めることや、加湿器などを使って室内を適切な湿度に保つことを呼び掛けている。

Q マスク着用何のため?

A 飛沫遮断に効果。うつさないことも大切

 専門家の間ではマスクの予防効果は限定的という見方が強く、世界保健機関(WHO)も症状のない人は着用する必要がないとの見解を示している。

 新型コロナウイルスはウイルスに直接触れる「接触感染」と、感染者のせきやくしゃみで出たウイルスを吸い込むことによる「飛沫(ひまつ)感染」が主な感染経路とされている。

 マスクの予防効果が期待できないのは、着用しても目などは隠せず、マスクと顔の間には隙間ができてしまうことが理由。コロナウイルスを含む飛沫がそこから体内に入ってしまうからだ。

 マスクの着脱や位置の修正をする際に「ウイルスがついた手で顔を触り、接触感染するリスクが高い」と指摘する専門家もいる。

 ただ、ウイルスを含む他人の飛沫を一定程度さえぎることはでき、屋内や乗り物など換気が不十分な場所では感染予防策となる。

 こうした予防という側面だけではなく、せきやくしゃみなどの症状がある場合や、感染者や濃厚接触者が家族らと接したり、やむを得ず外出したりする場合には、感染を拡大させないために、適切にマスクを着用することが必要だ。

Q 外出する時の心構えは?

A 風通し悪い場所は人との間隔あけて

 政府の専門家会議は風通しが悪く、人口密度が高い空間で、人が至近距離で会話するような状況や場所をできる限り、避けるように求めている。

 これまでに1人の感染者が複数に感染させたとみられる事例として、ライブハウスやスポーツジム、屋形船、展示商談会、ビュッフェスタイルの会食、マージャン店などを挙げた。

 満員の電車やバスは即座に感染を生む状況とはいえないまでも、可能な範囲でほかの乗客と間隔をあけたり、そもそも満員の状況を避けるため、時差出勤やテレワーク(場所や時間にとらわれない柔軟な働き方)などが推奨されている。さらに、つり革や手すりといった不特定多数が触れる場所にはウイルスが付着している可能性があることを念頭に置いた方がよい。

 タクシーなどについても、専門家会議はリスク低減のために、換気のために2つの窓を同時に開けることを勧めており、東京ハイヤー・タクシー協会では乗客の同意を得た上で、利用の際には窓を開けての車内換気を実施している。

 一方で症状がない場合は、散歩やジョギングといった人と接触の少ない屋外での活動は感染リスクが低いとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ