PR

ライフ ライフ

川崎・金沢・京都など旅行 外国籍女性ら2人陽性 新型コロナ

 川崎市は22日、市内で新たに2人、新型コロナウイルスへの感染者を確認したと発表し、そのうちの1人の外国人旅行者は、発熱後に同市のほか、金沢市、京都市などを旅行していたことを明らかにした。

 市によると、この旅行者は欧州に住む外国籍の30代女性。日本旅行を目的として夫と2人で15日に入国した。川崎市川崎区内の知人宅に宿泊していたが、17日に発熱した。同日は東京都、18、19日は金沢市、20日は京都市内をそれぞれ観光した。21日に川崎市に戻り、同市内の医療機関で肺炎と診断され、22日にPCR検査で陽性が判明した。

 市は、女性が欧州滞在中にすでに感染していたとみている。日本国内旅行中は、発熱やせきの症状が続いていたといい、市はマスクの着用の有無のほか、濃厚接触者の確認を進めている。

 感染が判明したもう1人は、東京都内に住む60代男性。17日に37・9度の発熱があり、21日に神奈川県内の医療機関を受診。肺炎と診断され、同日、川崎市内の医療機関に入院した。22日にPCR検査で陽性が判明した。

 市は、海外渡航歴の有無など、男性への感染経路を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ