PR

ライフ ライフ

【書評】『茶聖』伊東潤著 死力尽くす利休の戦い

 作家とはこれほど、ひとりの人物を描くことに貪欲になれるのか。伊東潤の『茶聖』を読んで、そう感じた。理由は、平成27年に刊行された『天下人の茶』だ。この作品で作者は、織田信長と豊臣秀吉という、ふたりの天下人に茶人として仕え、侘茶を完成させた千利休の死の謎に迫っている。しかも秀吉と、古田織部をはじめとする複数の茶の湯の弟子の視点から、利休像を明らかにしていくという、非常に凝った構成になっていたのだ。伊東版利休は、この作品で極まったと思っていた。

 だが作者は満足していなかった。千利休を主人公にした本書で、本人の視点から生き方や精神をたどり、その人物像を新たに打ち立てたのである。本書を楽しんだ読者は、続けて『天下人の茶』に、手を伸ばすといいだろう。

 この世から戦乱をなくしたい。そう考える茶人にして商人の千利休(この頃は宗易)は、今井宗久や津田宗及とともに、織田信長に取り入った。茶の湯によって武士の荒ぶる心を静めるという理想は、信長の思惑と二人三脚で進んでいく。しかし本能寺の変で信長が死んだことで計画は頓挫。利休は、新たな天下人になろうとする秀吉に取り入る。それが秀吉との、長き戦いの始まりだった。

 戦国を舞台にしているが、本書は合戦場面が少ない。おそらく意図的なのだろう。なぜなら利休の戦いは、あくまでも文化人としてのものだからだ。戦場とは違う場所で、彼は死力を尽くして戦う。これが抜群に面白い。文化と武力の相克を、利休と秀吉の関係に託しながら、作者は斬新な解釈で“太閤記”の時代を描き切ったのである。

 そしてその中から、利休の姿が浮かび上がる。天下の静謐(せいひつ)を求める彼は、自分の手を汚すことをいとわない。単なる聖人ではなく、俗人の部分も持っているのだ。もっともこれは秀吉にもいえること。黄金の茶室を造り、独自の“侘”を見せた天下人も、聖俗の入り交じった人間である。そんな秀吉との確執が、利休の茶の湯を昇華させていく。

 さらに、他の茶人や戦国武将たちとのやり取りが、利休の存在を際立たせる。いまなお茶聖と呼ばれる巨人の真実に迫った、圧巻の歴史小説だ。(幻冬舎・1900円+税)

 評・細谷正充(文芸評論家)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ