PR

ライフ ライフ

横浜の90代女性感染 新型コロナ、介護サービス関係者ら調査

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 横浜市は21日、市内に住む90代女性の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。女性が通所型の介護サービスを受けていたことなどから、市は女性への感染経路や感染拡大の有無を調べている。

 市によると、女性は7日以降、倦怠感やせきが現れ、15日以降は38度以上の熱が続いた。18日に市内の医療機関に入院し、検体を採取したところ、20日に陽性が判明した。

 女性は症状が現れるまでは、市内の通所型施設で介護サービスを受けていたといい、「クラスター(感染者集団)発生への警戒を念頭に調査したい」(市担当者)としている。

 また、市は、女性と接点があった子、孫、ひ孫らと、ヘルパー、ケアマネジャー、ボランティアら計9人を濃厚接触者として調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ