PR

ライフ ライフ

高齢者施設で感染3人目 90代の女性入所者 横須賀

 横須賀市は20日、新型コロナウイルスについて、同市在住で、無職の90代女性の感染を新たに確認したと発表した。同市での感染は3例目で、女性はこれまでに感染が判明している70代女性看護師=同市在住=の勤務先の介護老人保健施設「ハートケア湘南・芦名」の入所者。市は女性が、女性看護師から感染したとみている。

 市によると、女性は4~15日の間、女性看護師が検温や入浴介助を行っていたという。女性看護師は、複数の感染者が確認されているエジプトのナイル川クルーズに2月下旬に参加し、その後、陽性が確認されていた。

 女性は18日に38度の発熱があり、20日、PCR検査で陽性と判明した。現在は平熱だという。

 市は、女性看護師の陽性が判明した15日以降、同施設のスタッフや、入所者らのPCR検査を順次実施してきた。20日までに、女性看護師の濃厚接触者、計110人の検査が終了。今回の女性ともう1人の男性入所者の計2人の陽性が確認された。

 市は20日から14日間、検査で陰性が判明した人も含め、女性看護師の濃厚接触者全員の健康観察を行い、経過を見るという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ