PR

ライフ ライフ

群馬で新たに60代男性感染、11人に 大泉の診療所関係で8人目

 群馬県は20日夜、太田市在住の60代男性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。大泉町の診療所「ましも内科・胃腸科」に勤め、既に陽性と判明した60代女性看護師の夫で、これにより、同診療所関係の感染者は計8人となった。県内の感染者は計11人となる。

 県によると、男性は同居する女性看護師の濃厚接触者として健康観察が続けられていた。男性は18日に37度台の発熱があり、翌19日に肺炎と診断され、20日のPCR検査で陽性が判明した。容体は安定しており、入院先の医療機関で手当てを受けている。

 診療所をめぐっては看護師や医師、患者らの感染が相次ぎ発生。厚生労働省と県は小規模の感染集団(クラスター)に当たると判断。18日から同省のクラスター対策班が現地入りし、感染経路などの調査に当たっている。

 県によると、診療所関係の濃厚接触者は重複を除いて計139人。引き続き健康観察を行い、外出自粛を要請する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ