PR

ライフ ライフ

【御朱印巡り】茨城・小美玉市「素鵞神社」 祭神と神獣で「おもてなし」

境内社には主祭神・素戔嗚尊の妻である櫛稲田姫命が祭られる
境内社には主祭神・素戔嗚尊の妻である櫛稲田姫命が祭られる
その他の写真を見る(3/3枚)

 「アイデアが思い浮かばないと1カ月近く進まないこともあれば、スイッチが入るようにスラスラと進むときも」と語る貴志権禰宜が手がける神獣画は、緻密な筆づかいが見る者を圧倒。神道で使われる「精麻(せいま)」と呼ばれる麻を練りこんだ「精麻紙」を使うなどこだわりも忘れない。

 ブームによって御朱印の本義が忘れられがちな現状に苦言も一つ。

 「御朱印はお参りした証し。きちんと神道や神社を知ってもらいたい」

(日野原信生、写真も)

■素鵞神社 茨城県小美玉市小川古城1658の1、電話0299・58・0846。常磐自動車道石岡小美玉スマートICから車で約20分。初穂料は通常の御朱印が300円(4月から500円)、結和の御朱印が1000円。兼務社である百里神社と耳守神社の御朱印も頒布し、関東10社によるサイクリスト向け「ツールド御朱印」にも参加。受付時間は午前10時~午後4時。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ