PR

ライフ ライフ

ポルトガルで感染か 栃木の50代男性

 栃木県は20日、県南部に住む50代の男性会社員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と確認され、指定医療機関に入院したと発表した。今月7~15日にポルトガルへ渡航し、帰国後の18日に発熱があった。男性の症状は重くないという。同県内での感染確認は4人目となった。

 男性との濃厚接触者は妻のみだが、20日時点で症状はみられない。県は妻のPCR検査も行い、行動履歴などを確認する。

 県によると、男性は妻と2人で旅行し、15日に空港から自家用車で帰宅した。16日にマスクを着けて徒歩で出勤したが、17日以降は自宅に待機。18日に県南健康福祉センターへ相談し、19日に帰国者・接触者外来を受診した。

 男性の感染経路について、県健康福祉部は「新型コロナは感染5~6日後に発症する例が多いことや、欧州で流行している状況から、渡航先で感染した可能性が高い」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ