PR

ライフ ライフ

高齢者施設の70代看護師 エジプト旅行後に発症 神奈川県横須賀市 新型コロナ

 神奈川県横須賀市は15日、新型コロナウイルスについて、市内の定員200人規模の介護老人保健施設「ハートケア湘南・芦名」で働く70代女性看護師=市内在住=の感染を確認したと発表した。同市内での感染確認は初めて。女性は、複数の感染者が確認されているエジプトのナイル川クルーズに2月下旬に参加していたという。

 市によると、女性は1人暮らし。2月23日からエジプトに旅行し、24~26日にナイル川クルーズに乗船していた。3月1日に帰国し、3日に腹痛などの症状が出た。女性は4、5、10、11の各日に出勤。市は、女性と接触があった施設の利用者らの調査を進め、全員を対象にPCR検査を実施する方針。

 女性は、3日に腹痛や軟便の症状が出た後、8日からはせきや倦怠感の症状が現れていた。13日に市内の医療機関を受診。翌日に市内の別の医療機関を受診し、PCR検査を実施して、15日に陽性と判明した。入院先は調整中という。

 市は、女性の濃厚接触者や行動歴について調査を急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ