PR

ライフ ライフ

北海道の60代男性感染 北見の展示会との関連性は非公表、新型コロナ

 感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、北海道は11日、道内で新たに感染が同日判明した男女7人のうち、オホーツク地方(網走、北見、紋別の各市など)に住む60代男性について、集団感染が疑われている北見市の展示会との関係の有無や職業などを本人の意向を踏まえて非公表とした。

 2月13~15日に北見市で開かれた展示会では、参加者11人と濃厚接触者2人の陽性が判明している。道によると、60代男性は展示会の会場を訪れていないが、道内の感染者の濃厚接触者として保健所が健康観察をしていた。この道内の感染者が展示会関係者かどうかを道は明らかにしていない。

 また、新たに感染が判明した空知地方(夕張、岩見沢、美唄の各市など)に住む70代の無職女性は、道内87人目の感染者で北広島市在住の無職70代男性の濃厚接触者だという。

 11日は、ほかに札幌市で4人、旭川市で1人の感染が公表され、道内の感染者は118人となった。

 札幌市よると、4人のうち1人は道内83人目の感染者を担当した看護師。別の1人は集団感染が疑われている同市のライブバーで働く従業員の親族で、残る2人は70代の無職女性と30代の男性会社員。旭川市は、同市在住の1人が60代の無職女性で、道内81人目で60代無職男性の濃厚接触者と公表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ