PR

ライフ ライフ

静岡のスポーツクラブ利用者ら35人陰性

 静岡市は10日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船後に新型コロナウイルス感染が確認された市内在住の60代の男性が発症前にスポーツクラブを利用していた問題で、男性の家族やクルーズ船の他の下船者ら計35人を対象に実施したPCR検査の結果、全員が陰性だったと発表した。

 市によると、男性は陰性だったため、2月20日にクルーズ船を下りた。同日と同22日に同市葵区の「スポーツクラブセイシン千代田」の浴室を利用。男性はその後、息苦しさを感じ検査で陽性と判明した。

 検査したのは、男性の家族1人、クルーズ船下船者11人、男性と同じ時間帯の浴室利用者23人の計35人。男性の家族を除く34人は健康観察期間(14日間)の終了に伴う措置として検査した。

 「全員陰性」の結果を受け、市は10日、風評を払拭するため、「スポーツクラブセイシン千代田」の利用について「これまで通り利用して差し支えない」と、事実上の安全宣言を文書で出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ