PR

ライフ ライフ

【NEWS Why? ニュースを知りたい】濃厚接触者、どう対応すれば?

「外出自粛が大切」

 濃厚接触者による感染の連鎖も起きている。今月4日、複数の感染者が出た大阪市内のライブハウスでのイベントに参加した堺税務署に勤務する60代女性の感染が判明。濃厚接触者とされた夫も2日後、感染が確認された。国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)でも、感染者の対応に当たった女性非常勤看護師が感染した。近畿大の吉田耕一郎教授(感染症学)は「濃厚接触者は自分が感染している、感染源になるかもしれない、という認識を持つべきだ」と話す。

 濃厚接触者の認定は、最終的には各保健所が「総合的に判断」して行うこととなっており、感染拡大を受け、範囲を広くとらえる動きも出ている。感染が確認された70代男性が計5日間にわたりスポーツジムを利用していたことが判明した横浜市は、同じ日にジムを利用した計1406人全員を濃厚接触者とした。

 吉田教授は「新たな感染者を出さないためにも、濃厚接触者が外出自粛、自宅待機をすることが大切だ」と指摘している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ