PR

ライフ ライフ

感染者、セブンでのバイト隠す 「副業ばれるの怖かった」 山梨

新型コロナウイルス感染者がアルバイトしていたことが分かり、休業しているセブン-イレブン山梨上石森店=8日午前、山梨県山梨市上石森(渡辺浩撮影)
新型コロナウイルス感染者がアルバイトしていたことが分かり、休業しているセブン-イレブン山梨上石森店=8日午前、山梨県山梨市上石森(渡辺浩撮影)

 新型コロナウイルス感染が確認された山梨県内の60代男性会社員が「セブン-イレブン山梨上石森店」(同県山梨市上石森)でアルバイトしていた問題で、山梨県の長崎幸太郎知事は8日の記者会見で、男性が保健所に対してアルバイトを隠していたことを明らかにした。男性は「副業がばれるの怖かった」という趣旨の説明をしたという。

 関係者によると、男性は食品メーカーの農場を担当する社員で、セブン-イレブンは副業だった。県によると、6日にPCR検査の陽性が確認された。当初の保健所への説明では、大阪府と和歌山県を訪れた後、2月28日夜に37度台の発熱があり、自宅療養していたとしていたが、実際には3月1、2、4、5日の夜にセブン-イレブンで勤務していた。

 7日朝に店のオーナーに新型コロナ感染を報告。オーナーから問い合わせを受けた保健所が男性に勤務実態を聞いたところ、男性は「働いていない」と回答した。8日になって認めたため、濃厚接触者の確認や来店客への呼びかけなど県の対応に遅れが生じた。

 今回の件を受けて長崎知事は、患者の行動履歴など情報収集や確認を強化するため、知事直轄の「感染者対策特別チーム」を組織したと明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ