PR

ライフ ライフ

濃厚接触者は152人 園児含む3人検査へ 群馬の女性保育士感染

臨時会見でポスターを示しながら感染予防を呼びかける山本一太知事=8日、県庁(柳原一哉撮影)
臨時会見でポスターを示しながら感染予防を呼びかける山本一太知事=8日、県庁(柳原一哉撮影)

 群馬県太田市に住む40代女性保育士の新型コロナウイルス感染が県内で初めて確認されたことを受け、山本一太知事は8日、臨時会見を行い、保育士の濃厚接触者が152人に上ると明らかにした。このうち勤務先の保育園の園児ら計3人に風邪症状があり、県は9日にもPCR検査を実施し感染の有無を調べる。

 保育士は2月27日に体調不良となり、その後も今月2日まで出勤した。6日に肺炎で入院し、7日の検査で県内で初めて陽性が確認された。保育士は重症のためICU(集中治療室)で治療を受けている。

 県によると、この保育園は、太田市の木崎あおぞら保育園。濃厚接触者は園児と職員の計147人と、家族ら計5人で、県は既に全員と連絡を取り、外出自粛を依頼するとともに2週間の経過観察を始めた。県は発熱などの症状がある3人の検査結果を9日夕にも公表する。

 保育士への聞き取りが進んでおらず、山本知事は会見で「感染経路はなお特定できていない」と述べた。勤務先の保育園は9日から2週間休園し、消毒も実施する。

 一方、感染拡大による県内経済への影響を憂慮し、山本知事は近く感染症対策産業経済総合支援本部(仮称)を設置。県内企業の支援に乗り出すと表明した。

 また、政府の休校要請にもかかわらず、太田市は小学校を休校させていなかったが、同日からの臨時休校を決めた。山本知事は会見で「太田市長の判断だと思う」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ