PR

ライフ ライフ

新型コロナ、福島で初の感染者 クルーズ船の乗客

会見を終え、厳しい表情で会場を後にする福島県の内堀雅雄知事=7日、福島市の県庁(芹沢伸生撮影)
会見を終え、厳しい表情で会場を後にする福島県の内堀雅雄知事=7日、福島市の県庁(芹沢伸生撮影)

 福島県によると、福島県いわき市に住む70歳代の男性が、新型コロナウイルスに感染していたことが7日、分かった。福島県内で感染者が確認されたのは初めて。

 感染が分かったのは、新型コロナウイルスの集団感染があったクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の乗客。一緒に乗っていた妻は船内で行った検査で陽性と判明し、現在も福島県外の病院に入院している。男性は船内で検査し陰性だったことから2月21日に下船。国指定の施設で健康観察の後、27日に公共交通機関を利用して自宅に戻った。

 28日からは、いわき市が電話による健康フォローアップを行った。3月2日、のどに違和感を覚えたがすぐに解消したため受診はしなかった。6日にのどの違和感が悪化し帰国者・接触者外来を受診、7日の検査で陽性と判明した。男性は入院し治療を行っているが症状は軽いという。

 帰宅後、男性は1人で暮らし近所のスーパーを2度利用した。その際はマスクを着用し時間は15分程度だったとしている。3月5日には1人でドライブをしたが、車外には出ていないという。

 県では現段階で濃厚接触者はいないとみているが、さらに男性の行動などを細かく調べることにしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ