PR

ライフ ライフ

発熱後ジム通い、スナックも 横浜市の70代男性陽性 新型コロナ

 横浜市は6日、市内在住の無職の70代男性が新たに新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。男性は発熱後、市内のスポーツジムを複数回にわたって利用していたほか、市内のスナックへも出掛けていたという。

 市などによると、感染が判明した男性は、発熱の症状がみられた2月25日と、26、27、29、3月1の各日に、商業施設「トレッサ横浜」(同市港北区)内のスポーツジム「セントラルウェルネスクラブ トレッサ(大倉山)」を利用していた。いずれも午後の時間帯に1~2時間半ほど滞在し、エアロバイクや入浴などをしていたという。

 同ジムは、1日あたり500~600人程度が利用するといい、市などは男性と同じ時間帯の利用者の調査を進めており、該当者には手紙で通知するという。

 同ジムは国の指針を受け、3~10日は自主休業しており、商業施設内の消毒作業は実施していた。感染者の利用判明により、改めて消毒作業を実施する。

 市によると、感染した男性は2月16~23日に妻と親族2人でエジプトに旅行。25日に37・5度以上の熱を発症し、持病の心不全の治療のため通院していた県内の医療機関を受診した。26日以降も熱などの症状が継続し、3月4日に肺炎と診断され、入院した。PCR検査の結果、5日に陽性と判明。翌日、市内の別の医療機関に転院した。

 これまで県内の感染者との接点は見いだせていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ