PR

ライフ ライフ

神奈川県内3地域 新たに4人感染 新型コロナ

 神奈川県は6日、新型コロナウイルスについて、県内3地域で計4人の感染を確認したと発表した。

 感染が判明したのは、平塚保健福祉事務所管内(平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)に住む20代女性▽同管内に住む30代男性▽小田原保健福祉事務所管内(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)に住む30代男性▽厚木保健福祉事務所管内(厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村、大和市、綾瀬市)に住む70代男性-の4人。平塚管内と小田原管内での感染者確認は初。

 県によると、平塚管内の20代女性は、東京都内の企業に勤め、2月27日にせきやのどの痛みを覚え、28日に県内の医療機関を受診していた。通勤には電車を利用していた。

 同管内の30代男性は無職で、28日に鼻水と倦怠(けんたい)感の症状があり、3月4日に県内の医療機関を受診した。

 小田原管内の30代男性は県内企業に勤める会社員で、2月26日に発熱。3月4日に受診した県内の医療機関で肺炎の症状が見られた。通勤には自家用車を利用していた。

 厚木管内の70代男性は無職で、発熱やのどの痛み、食欲不振を覚え、2月28日に県内の医療機関を受診。肺炎の症状が見られたため入院した。

 4人は3月5、6の両日にそれぞれ陽性が判明した。県によると、4人の行動歴に共通点は見られず、これまでに判明した感染者との接点も見いだせていない。今後、それぞれの行動歴を調べ、家族などの濃厚接触者を検査する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ