PR

ライフ ライフ

菅長官「時限的措置」 入国制限反発の韓国に理解求める

会見に臨む菅義偉官房長官=6日午前、首相官邸(松本健吾撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=6日午前、首相官邸(松本健吾撮影)

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、日本の入国制限に韓国側が強く反発していることに関し「わが国の水際対策を抜本的に強化すべく、時限的な措置として今回の措置を講じた」と重ねて説明。「韓国にわが国の考えを丁重に説明し、感染拡大防止に向けて韓国政府とも緊密に連携していきたい」とも語った。

 菅氏は「諸外国で感染が拡大する中、韓国は5日時点で感染者が5千人以上と発表している」と強調。「今回の措置は各種状況を総合的に勘案して、国内の感染拡大を防止するためだ」と語った。

 入国制限をめぐっては、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が同日、冨田浩司駐韓大使に対し「不当な措置だ。非友好的なだけでなく非科学的で、速やかな撤回を強く求める」と述べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ