PR

ライフ ライフ

相模原市で男性研修医感染 感染症指定医療機関勤務

 相模原市は6日、市内在住の20代の男性医師が新型コロナウイルスに感染したことを新たに確認したと発表した。市によると、この医師は感染症指定医療機関である相模原協同病院の臨床研修医。相模原市ではこれまで複数の感染者が確認されている。

 医師は2日にせきが出て、3日に発熱。4日に検査をし、6日に陽性の結果が出て、同病院に入院した。比較的軽症という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ