PR

ライフ ライフ

仙台市、新たに濃厚接触者1人を確認 新型コロナウイルス

新たに1人の濃厚接触者を確認したと発表する仙台市健康福祉局の下川寛子保健所長(左)と松田敏明健康安全課長=6日、仙台市役所(塔野岡剛撮影)
新たに1人の濃厚接触者を確認したと発表する仙台市健康福祉局の下川寛子保健所長(左)と松田敏明健康安全課長=6日、仙台市役所(塔野岡剛撮影)

 仙台市は6日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに感染した同市内の70代男性について、この男性の家族1人が新たに濃厚接触者と判明したことを明らかにした。

 市はこの男性の妻をすでに濃厚接触者として検査しており、陰性と確認しているが、この家族については「検査を行うかどうか検討する」としている。

 男性と妻はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客。2人は2月20日に下船後、同日中に仙台駅から地下鉄を利用して市内の自宅に戻った。男性は同日から23日までの間、3回にわたり食材の買い物などに出かけていたが、公共交通機関は利用しておらず、いずれもマスクを着用していた。28日に微熱などの症状を訴え、29日に感染が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ