PR

ライフ ライフ

通所者家族ら2人感染 相模原の福祉事業所

 新型コロナウイルスの感染が相次いでいる相模原市の通所型の福祉事業所をめぐり、市は5日、通所者の家族ら計2人の感染を新たに確認したと発表した。

 市によると、2人は通所者2人のそれぞれの親族。いずれも市内に居住する50代女性と50代男性で、5日に陽性が判明した。

 50代女性は通所者の母で、福祉事業所の関係者として3日に検査を受けていた。同居する通所者本人は陰性だった。女性は2月29日まで、市内の別の福祉事業所で勤務しており、市は感染の広がりがないかを調べている。

 50代男性は通所者の兄で、29日に発熱し、3月2日に解熱。福祉事業所の関係者として4日に検査を受けていた。先立つ2日には通所者の陽性が判明している。

 同施設では、2月27日以降、職員3人(うち1人は県外居住)と、今回の50代男性の親族を含む通所者3人の計6人の感染が相次いで判明。関係者のPCR検査が進められてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ