PR

ライフ ライフ

新型コロナのワクチン 大阪のベンチャーなど開発へ 秋にも臨床試験

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 創薬ベンチャーのアンジェス(大阪府)は5日、大阪大などと共同で、新型コロナウイルスの感染を防ぐワクチンの開発に着手したと発表した。秋にも臨床試験を開始する。

 ワクチンは新型コロナウイルスのDNA(デオキシリボ核酸)を使う新たな手法で開発する。病原性を全く持たず、安全性が高いという。タカラバイオが製造する。

 タンパク質を作る遺伝情報が含まれるDNAを大腸菌で製造し、短期間で大量生産できる。投与後に体内でウイルスのタンパク質が作られ、免疫ができれば感染や重症化が抑えられるという。

 会見した大阪大の森下竜一教授(遺伝子治療)は「ワクチンの製造工程でも病原体を用いないので、通常の設備でも安全に製造できる」と利点を強調した。

 新型コロナウイルスのワクチンは米国のベンチャー企業や東京大なども別の方法で開発を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ