PR

ライフ ライフ

神奈川止まらぬ感染 経路不明多数 自治体に危機感

新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されている相模原中央病院=相模原市中央区
新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されている相模原中央病院=相模原市中央区

 国内で新型コロナウイルスの感染が広がるなか、神奈川県でも感染者の増加が止まらない。2日現在で感染が確認されている県内居住者は32人(クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員乗客を除く)。2月下旬以降は1日当たり1人以上のペースで判明し、自治体や医療機関が対応に追われている。感染経路が不明なケースも見られるようになり、着地点も見えないまま、多くの県民が不安を募らせている。

 神奈川県内で初めて感染者の陽性が確認されたのが1月15日。中国湖北省武漢市から帰国した30代男性で、国内初の感染確認でもあった。ただ、以降、本県では2月11日に、クルーズ船の対応にあたった50代の男性検疫官の感染が判明するまで、約1カ月間、新たな感染は確認されなかった。

■院内感染の疑い

 県内では、13日に亡くなった80代女性が、死亡後に新型コロナウイルスの検査で陽性だったことが分かり、国内で初めての感染者の死亡となった。女性は集団感染が確認された、東京都内で行われた屋形船の新年会に参加した県外居住の男性の義母だった。

 以降はほぼ連日、感染者が判明。この女性が一時入院した相模原市中央区の相模原中央病院の40代女性看護師の感染が16日に確認されたのを皮切りに、この看護師のほか、4人の入院患者(一時入院含む)への感染確認が相次いだ。入院患者4人は70、80代でいずれも同市内居住の男性で、うち1人は80代の妻も感染していた。

 感染経路が不明な事例も相次いだ。18日に判明した、横浜市内に居住し、県外で勤務するタクシー運転手の60代男性の感染だ。20、21日にはこの男性と同居する妻、娘への感染も相次いで確認された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ