PR

ライフ ライフ

新型コロナで大幅減収の中小企業、運転資金を無利子融資 山形県

 山形県は4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている中小企業向けの運転資金の融資について、大幅な減収が見込まれる企業に対しては、通常は年1・6%の固定金利を無利子にして支援を強化することを決め、相談の受け付けを始めた。

 対象は、前年同期比の売上高が最近1カ月で半分以上減り、今後2カ月間を合わせた計3カ月間で30%以上の減少が見込まれる中小企業。融資の上限は5000万円で、貸付期間は最長10年。金利分は県と市町村、金融機関が負担する。

 来年度予算案が県議会で可決された後に、県は無利子での融資を実行する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ