PR

ライフ ライフ

【動画】東京都庁、一般入庁者の検温開始 37・5度以上で自粛要請

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、都庁の入庁受付で来庁者に検温を実施=4日午前、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)
新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、都庁の入庁受付で来庁者に検温を実施=4日午前、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、東京都は4日、東京都新宿区の都庁舎の入庁者に検温を始めた。入庁カードを持つ職員や関係者らは除き、入館手続きをする一般入庁者を対象とする。第1本庁舎と第2本庁舎、議会棟の計12カ所の出入り口に体温計を用意した。

 この日は午前8時の開庁と同時に、入庁書類を書き終えた都民らに庁舎警備員が「検温をお願いします」と協力を呼びかけた。体温計はこめかみや額に近づけると瞬時に検温できる「非接触型」を準備。マスク姿の警備員が一人一人のそばに立って体温を測定した。

 37・5度以上の熱がある場合は、電話やメールで連絡を取るなど、入庁の自粛を要請するという。検温は新型コロナウイルスの感染が収束するまで続ける見込みで、都の担当者は「風邪の症状や倦怠感(けんたいかん)などがある方は来庁せず、電話やメール、郵送などの方法での対応をお願いしたい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ