PR

ライフ ライフ

横浜市の20代孫娘も陽性 大船駅から感染者付き添い 新型コロナウイルス

 横浜市は3日、市内在住で無職の20代女性が、新たに新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。女性は、2月25日にJR大船駅(神奈川県鎌倉市)で倒れ、27日に陽性と判明した70代女性の孫。

 横浜市によると、20代女性は、同日に70代女性が通院する病院に付き添い、同駅で倒れて救急搬送された救急車にも同乗していた。28日に38度台の熱を発症し、翌日にPCR検査を実施。3月2日に陽性と判明した。現在は、県内の医療機関に入院している。

 20代女性は、2月27日以降に70代女性の入院している医療機関へ見舞いに行っていたが、マスクを着用していたという。また、同居している親族2人は、健康観察を続け、症状が出た場合に検査を実施する方針。

 70代女性をめぐっては、県鎌倉保健福祉事務所管内(鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)で同居する50代女性と、千葉県船橋市に住む孫の20代男性の感染も判明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ