PR

ライフ ライフ

長い休み「どう過ごせば」 公園・ランニング ストレス発散 新型コロナ休校

臨時休校前の登校最終日、下校の準備を急ぐ児童たち=2日午前、静岡市葵区の葵小学校
臨時休校前の登校最終日、下校の準備を急ぐ児童たち=2日午前、静岡市葵区の葵小学校

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため政府が要請した全国の小中高校の臨時休校が2日、始まった。人が密集する場所を避けるため、文部科学省は「基本は自宅待機」と求めている。ただ、前例のない事態だけに、学童保育を利用したり仕事を休んだりの対応を余儀なくされた保護者からは「長期間自宅にこもる生活に子供が耐えられるのか」と、早くも不安の声が上がっている。

■悪天候の日は…

 「屋内の施設を避けようとすると、天気が悪い日は体を思うように動かせない。この先どうなるのか…」。小学1年生の息子(7)を持つ夫婦共働きの男性会社員(47)=東京都葛飾区=は戸惑いを隠せない。

 近くの学童保育は午後2時以降しか利用できず、男性は妻と交互に会社を休んで対応することに。「休校初日」のこの日は妻が自宅に残ったが、雨のため外で遊ばせることができず、「体を動かすタイプのテレビゲームをした」と妻から連絡があったという。男性は「授業を受けられないことによる影響も気がかり。ドリルなどを使って手探りで教えていきたい」と話した。

 小学2年の長女(8)と保育園に通う次女(5)を育てる新宿区の女性会社員(47)は、長女を学童保育に預けることにした。ただ、教室が1つしかないのに登録者は約100人。「普通の学校より危険なのでは」と不安を口にする。

 2月29日と3月1日の土日には、近くの公園に連れて行ったが、いつもより混雑していたといい「子供のエネルギーを発散させるためにも家族でジョギングしようかと考えている」と明かした。

■自宅待機に限界

 学校での集団感染を防ぐため実施された今回の臨時休校。期間中の子供たちの過ごし方について、文科省の担当者は「(感染リスクの高い)人混みや狭い空間に行かなくても、健康的に生活できる方法はたくさんある」とする一方、「基本的に自宅待機でお願いしたい」と要望。友人と遊ぶのも「なるべく控えてほしい」としている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ