PR

ライフ ライフ

「クルーズ船と同じこと、高齢者施設で起こり得る」 乗船支援した和田耕治教授 集団感染で

インタビューに応じる国際医療福祉大の和田耕治教授(佐藤徳昭撮影)
インタビューに応じる国際医療福祉大の和田耕治教授(佐藤徳昭撮影)

 新型コロナウイルスの集団感染が発生した大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、全乗船者の2割弱にあたる705人が感染し、うち6人が死亡した(1日時点)。厚生労働省の要請で乗船して支援に当たった国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)に今後の教訓について聞いた。

 --船内で10人の感染が確認された2月5日から乗客は14日間の個室待機になった。船内で感染が広がったのはいつか

 「大部分の感染は検疫の始まった2月3日よりも前に起きたと考えられる。その数日前までは濃厚接触の恐れがある多くの方が参加する社交的な集まりが連日、催されており広がったようだ。当初は感染者が少なかったが、7日に41人の陽性が確認されて以降、危機感が高まった」

 --どうして感染が広まったのか

 「主には接触感染と飛沫(ひまつ)感染で広がったと考えられる。国内の他の場所での感染拡大状況もあわせてみると、密閉された空間で換気が少なく、対面で一定の時間会話があり、知人といった関係性でお互いの距離が近いという状況があった。クルーズ船の乗客は高齢者の割合が高く、狭いため手すりなどさまざまな場所に触れて広がった可能性がある」

 --新型コロナウイルスの性質は

 「船内の感染状況から分かったことは、感染者の約半数が無症状といえる状況だ。しかし、約3割に発熱などの症状が出る。残る約2割が重症化した。さらに全体の約5%の患者は人工呼吸器を必要とするほど重篤な状況になった。高齢とはいえ、海外旅行に行ける元気な人でも重症化している」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ