PR

ライフ ライフ

新型コロナウイルス 新潟市で1人感染確認 新潟県内で初

記者会見する中原八一新潟市長=29日、新潟市役所(池田証志撮影)
記者会見する中原八一新潟市長=29日、新潟市役所(池田証志撮影)

 新潟市は29日、東京都から同市内に帰省していた日本国籍の60代無職男性が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。新潟県内で感染者が確認されたのは初めて。重症ではないという。市は対策本部を設置し、感染経路や行動歴などの調査を始めた。

 市によると、男性は15日に母親の介護のために帰省。25日に発熱とせきがあり、26日に市内の医療機関を受診した。28日になり、倦(けん)怠(たい)感と食欲低下の症状が出たため再受診。市内の別の医療機関で検体を採取し、29日に市衛生環境研究所で検査を実施したところ、陽性と判明した。

 男性は38度台の熱があったが、肺炎や呼吸難などの症状はない。今後、母親とともに入院する方向で、市が調整を進めている。

 男性に海外渡航歴はなく、症状が出てからはマスクをつけていた。行動歴や家族構成、濃厚接触者については現在調査中。

 中原八一市長は市役所で開いた記者会見で「せきエチケットや手洗い徹底、人混みを避けるなど、より一層注意し、感染拡大防止に協力してほしい」と呼び掛けた。対策本部会議の冒頭には「市内でのさらなる感染拡大を食い止めるため最大限の対応を図っていきたい」と決意を述べた。

 新潟県も同日、対策本部会議を開催し、感染拡大防止策などの検討を始めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ