PR

ライフ ライフ

休校要請で現場は大混乱 「子供の居場所は」「部活休むしか」

文部科学省=東京・霞が関(宮崎瑞穂撮影)
文部科学省=東京・霞が関(宮崎瑞穂撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、文部科学省は28日、全国の教育委員会に一斉休校を要請する通知を出した。「もうバタバタ」「仕事を休めず、子供たちだけ家に残すのは不安」。多くの学校でいきなり学年最後の日となったこの日、対応に追われた教育現場や、子供の居場所確保に悩む保護者らの間に混乱と戸惑いが広がった。

■「勉強したのに」

 東京都台東区の都立白鴎高では、学年末テストや海外研修が取りやめになることについて、善本久子校長が校内放送を通じて生徒に説明、「休校中は不確かな情報に惑わされず、冷静に行動を」と注意を促した。

 学年末テストの中止に1年生の男子生徒(16)は「勉強してきたのに残念」と肩を落とした。1年生の女子生徒も「先輩たちと過ごせる時間が少なくなり寂しい」と話した。

 東京都町田市のある市立中学でも、今年度最後の登校日となった28日に期末テストが終了。2年の担任をつとめる国語教諭(45)は「何とか通知表がつけられる」と安堵(あんど)した一方で、「返却後の解説授業ができないと、せっかくの学びの機会が生かせない」とため息を漏らした。始業直後の時点では休校が未決定で、「来週からどうなるの」と不安がる生徒に「まずはテスト」と声をかけて落ち着かせ、休校決定後は家庭学習の教材の用意に追われた。「もうバタバタ。せめて準備期間が欲しかった」と不満を口にした。

 都内の公立中学校の校長は、卒業式や修了式をどうするかはまだ未定とし、「生徒のために(式を)やらせてあげたいが、今までにないことで、都教委の方針に従って一つずつ対応していくしかない」と話した。また休校開始の3月2日が、都立高校の合格発表にあたることにも「生徒の不利益にならないよう、フォローアップが大事になる」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ