PR

ライフ ライフ

東電福島第1原発の視察中止 新型肺炎感染拡大で

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京電力は28日、廃炉作業が進む東電福島第1原発の視察を、29日から3月14日まで中止することを決めた。

 国が新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を定めたことなどから判断した。福島第1原発には全国から有識者や議員団などが視察に訪れており、3月は約1800人の予定が入っていた。

 3月15日以降の視察対応については「その時の状況をみて、判断することになる」(福島広報部)としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ