PR

ライフ ライフ

新型肺炎、神奈川・相模原で新たに2人の感染を確認

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、相模原市は27日、新たにいずれも市内在住で主婦の40代女性と、福祉事業所勤務の20代男性の2人の感染を確認したと発表した。2人に接点はないほか、これまで市内で確認されている感染者との接点も見いだせず、市はいずれも感染経路が判明していないとしている。

 市によると、40代女性は、18日に発熱。20日まで熱が続いたため、市内の医療機関を受診した。その後、自宅療養していたが、倦怠感(けんたいかん)が続き、25日に再診。胸部エックス線画像により、肺炎の疑いがあるため、同日に別の医療機関を受診し、PCR検査を実施したところ、27日に陽性と判明した。現在は自宅療養中という。

 女性は、自家用車で買い物をしており、体調不良後はマスクを着用していたという。市は、同居する家族3人についても、検査を実施する方針。

 20代男性は、市内の福祉事業所に勤務。20日に発熱し、市内の医療機関を受診。23日に解熱したが、25日に再び発熱。翌日も熱が続いたため、接触者外来を受診し、PCR検査を実施。27日に陽性と判明した。男性は1人暮らしで、現在は自宅療養中という。市は、男性の勤務歴や濃厚接触者の確認を急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ