PR

ライフ ライフ

新型肺炎で広がる差別 不当な扱い、ネット中傷…相模原中央病院関係者ら困惑 

新型コロナウイルスの感染者が確認された相模原中央病院=相模原市中央区
新型コロナウイルスの感染者が確認された相模原中央病院=相模原市中央区

 新型コロナウイルスの感染者が確認された病院で、関係者や家族が、日常生活で他人から差別的な扱いを受けたり、インターネット上で誹謗中傷を受けたりするなど、感染拡大を端緒とする波紋が広がっている。相模原中央病院(相模原市中央区)は18日、「いわれのない扱いを受けている」などと訴える文書を公表。市も「過剰反応せず、冷静に対応してほしい」と呼びかけ、差別への警鐘を鳴らしている。

 新型コロナウイルスに感染し、国内で初めて死亡した80代女性の入院後、その病室を担当した40代女性看護師の感染が判明したのが16日。この日を境に、同院の診察をめぐる環境は急変した。

■「登園遠慮して」

 院内で感染者の確認が相次ぐこととなった同院では、誹謗中傷を受ける関係者が続出。悲痛の声を受け、同院は「職員やその家族が、いわれのない差別的扱いを受けている」などとする文書を公表した。

 文書などによると、同日に女性看護師の感染が判明して以降、一部の託児所から受け入れを拒否されたケースが数件あるほか、学校から子供の自宅待機の指示が出ていることなどを背景に、出勤できる看護師が少なくなっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ