PR

ライフ ライフ

【NEWS Why? ニュースを知りたい】治療で陰性もウイルスは体に残るの?

 新型は未解明な部分が多く情報が刻一刻と更新されており、国の対応も変遷している。退院基準に関しても自治体に対し、24時間発熱がなし▽呼吸器症状が改善傾向にある-などの条件を満たせばよいと通達。大阪の女性の場合、この基準を満たしたとして退院していた。だがその後、この基準は、さらに12時間あけて2回の検査で連続して陰性となる必要がある-と条件を追加している。

陰性でも注意を

 今回のケースから喉の検査だけでは不十分ということになれば、尿や便の検体も調べるなど検査の種類を増やす必要もある。だが、りんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)の倭(やまと)正也・感染症センター長は「すべての検査が陰性となるまで入院となると、収容できる病床数などの面から現実には厳しくなる」と指摘する。

 退院後に再び陽性となるのは国内では今回が初めてだが、中国広東省の衛生当局は25日、治療後に退院した患者の14%から再び陽性反応が出ていると発表している。倭氏は「今後も今回のようなケースが増える可能性はある。たとえ陽性から陰性になって退院しても、さらに2週間は不要不急の外出を避けるなど基本的な予防を大事にしてほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ