PR

ライフ ライフ

サンウルブズ、ホーム2試合が国外開催に 新型肺炎の影響で

スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズ
スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズ

 スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの運営母体「ジャパンエスアール」の渡瀬裕司・最高経営責任者(CEO)が27日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月8日のブランビーズ(オーストラリア)戦(大阪・花園)と同14日のクルセーダーズ(ニュージーランド)戦(東京・秩父宮)が国外開催になると明らかにした。オーストラリア、ニュージーランドへの会場変更が有力で、主催団体「サンザー」が28日までに正式決定する見通し。チケットは払い戻しとなる。

 ニュージーランド遠征中のチームは帰国せず、現地で調整を続ける。次のホーム試合となる4月5日のレッズ(オーストラリア)戦(秩父宮)の開催可否については、3月中に判断されるという。渡瀬CEOは「国内開催が2試合減るのは本当に痛手。苦渋の決断で調整した」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ