PR

ライフ ライフ

神奈川県で新たに1人の感染確認 新型肺炎、経路不明

 神奈川県は27日、県厚木保健福祉事務所管内(厚木市、大和市など7市町村)に住む50代男性の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。感染経路は分かっていない。

 県によると、男性は県内の職場に通う会社員。通勤には自家用車を使い、19日まで出勤していた。男性の職業については、「不特定多数の人に接するような業務内容ではない」としている。また、相模原市のJR駅員の感染など、これまでに確認されている感染者などとの接点は見いだせていないという。

 男性は20日に37度台の発熱、頭痛、倦怠感があり、県内の医療機関を受診。インフルエンザ陰性と診断された。21日に熱が38度台に上昇し、再び同じ医療機関を受診。胸部レントゲンに異常はみられず、再びインフルエンザ陰性と診断され、帰宅した。

 25日に再び同じ医療機関を受診し、肺炎の症状が確認されたため、新型コロナウイルスの検査を実施。26日に陽性が判明し、県内の別の医療機関に入院した。

 男性は高齢者の親1人と同居しており、濃厚接触者として検査する方針。職場などでの濃厚接触者の有無も調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ