PR

ライフ ライフ

大阪府、新型コロナの検査漏れ回避に相談窓口

大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議で、感染に関する相談や検査体制の強化について意見を述べる吉村洋文知事(中央)=26日、大阪市中央区の大阪府庁
大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議で、感染に関する相談や検査体制の強化について意見を述べる吉村洋文知事(中央)=26日、大阪市中央区の大阪府庁

 大阪府は26日に開いた新型コロナウイルス対策本部の会議で、府内の検査態勢を強化するため、医療機関からの電話相談を医師でもある府職員が受け付ける専用窓口を27日に開設することを決めた。医療機関が検査すべきだと判断した感染疑いのある人について、現行の保健所ルートとは別に府が要否を決め、感染者の検査漏れを防ぐのが狙い。

 現状は、感染の疑いがあれば保健所の相談センターで対応し、医療機関での受診を案内。医療機関から報告を受けた保健所長が検査の必要性を判断している。今回の措置は、検査の要否をめぐり保健所と医療機関の判断が異なるケースを想定した。

 また府は、原因不明の肺炎症状でウイルス性が疑われたり、せきやたんなどの呼吸器症状が急激に悪化したりした人も27日から新たに検査対象に加える。吉村洋文知事は会議後、記者団に「検査基準とルートを拡大し、本来検査すべき人をきちんとケアして最悪の事態を防ぐ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ