PR

ライフ ライフ

福島に入院の1人が退院 クルーズ船の乗船客

 福島県は26日、厚生労働省の要請を受け県内の感染症指定医療機関に入院していた、新型コロナウイルスに感染した患者1人が退院したと発表した。患者の国籍や性別、年齢などについては非公表としている。

 新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者で、福島県が受け入れた7人のうちの1人。新型コロナウイルスの検査は、症状がなくなってから48時間後に1回目を実施する。結果が陰性の場合、さらに12時間後に再度検査を行い、再び陰性になれば退院になる。

 患者は県が手配したタクシーで退院した。今後、経過観察などを行う予定はないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ