PR

ライフ ライフ

山形の県立高、卒業式は時間短縮し実施 新型肺炎対策

新型コロナウイルス対策で山形県の方針を指示する吉村美栄子知事(中央)=25日、山形県庁(柏崎幸三撮影)
新型コロナウイルス対策で山形県の方針を指示する吉村美栄子知事(中央)=25日、山形県庁(柏崎幸三撮影)

 山形県教育委員会は25日、今後予定されている県立学校の卒業式について時間を短縮したり、出席者を限定して実施するように各校に通知することを決めた。県庁で同日開かれた感染症対策本部の会合で報告された。

 県教委からは、県立高校2校が海外への研修旅行の中止を決めたほか、1校が修学旅行の行き先を海外から国内に変更したことも報告された。

 対策本部の本部長を務める吉村美栄子知事は、政府が決定した新型コロナウイルス感染症対策の基本方針に沿って県の対応を早急に検討し、実施するよう県の幹部職員に指示した。

 ただ、県内の感染症指定医療機関は5病院あるものの、受け入れる病床は計18床しかない。阿彦忠之・県医療統括監は取材に対し、県内で感染が今後拡大する事態に備え、指定医療機関以外の病院での個室への入院なども検討する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ