PR

ライフ ライフ

新型肺炎感染、北海道35人に 新たに5人確認

厚生労働省の専門家チームも参加して開かれた北海道感染症危機管理対策本部会議の第7回会合=25日夜、札幌市中央区の北海道庁(寺田理恵撮影)
厚生労働省の専門家チームも参加して開かれた北海道感染症危機管理対策本部会議の第7回会合=25日夜、札幌市中央区の北海道庁(寺田理恵撮影)

 北海道は25日、道内で20代から70代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認されたと発表した。札幌市でも同日、60代の女性1人の感染が確認されており、道内の感染者は計35人となった。

 いずれも日本人で、札幌市以外の4人は旭川市に住む20代の女性と上川地方(旭川、士別、名寄、富良野の各市など23市町村)の60代男性、オホーツク地方(北見、網走、紋別の各市など18市町村)の20代男性、釧路地方(釧路市など8市町村)の70代男性。

 道内では10歳未満と10代の兄弟、中学校教員、20代の女性などの感染が既に確認されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ